のんびり、ゆったり藤川の宿 藤川宿は江戸・日本橋から数えて三十七番目の宿場町です。

芭蕉句碑とむらさき麦

  • HOME »
  • 芭蕉句碑とむらさき麦

芭蕉句碑は西棒鼻の西、十王堂の境内に建っています。
その句碑には

爰も三河むらさき麦のかきつはた
「ここも三河 むらさき麦の かきつばた」

と詠まれています。

麦は江戸時代に栽培されていたことは、いろいろな書物から知られていましたが、いつしか作られなくなり、幻の麦となっていました。

それを平成六年にやっと念願がかない、藤川の地に再現することができました。
毎年、五月中旬から下旬にかけて趣のある色合いを楽しませてくれます。

藤川学区社会教育委員会・藤川宿資料館管理委員会作成の資料に拠ります。

 

ここに掲載させていただきました俳句は、平成8年7月、歴史国道選定記念して「むらさき麦」の句を募集した時の入選句です。
主催:藤川宿まちづくり研究会  藤川学区社会教育委員会
選者:松籟俳句同人会会長   糟谷 正孝先生

敬称略・五十音順で掲載させていただきました。

岡崎市の部
穂なみたちゆかりぞあゆむ歴史道 浅井 幸雄
むらさきと云うむやび名の麦の秋 伊与田 三千代
紫の色もつ麦の穂波かな 大須賀 久美子
むらさきの風を宿場の麦穂かな 荻野 京子
むらさきに昏れて藤川麦の秋 大原 登美子
翁径辿りむらさき麦に逢う 大原 良江
蘇へるむらさき麦の旅籠宿 大村 フサエ
宿場絵図掲げむらさき麦熟るる 大村 菅水
翁詠むむらさき麦のいま熟れる 荻野 昌巳
棒鼻やむらさき麦の陽の匂ひ 荻野 富義
紫麦幻ならず芭蕉句碑 木俣 アヤ子
棒鼻をむらさき麦の風通る 近藤 美穂子
藤川の風もむらさき麦熟るる 小嶋 正夫
百年の史に紫麦熟す 榊原 みよ子
校門をくぐる紫麦の風 坂部 龍
むらさき麦の時期知る道しるべ 佐藤 明美
むらさき麦熟れて宿場の寂かなり 杉浦 秀子
つる屋銭屋むらさき麦の熟るゝ町 杉浦 蒼翠
老の目にむらさき麦の色眩し 千賀 隆隈
わが庭のむらさき麦に会う日課 富田 孝次
出揃ひし麦の穂波や村の駅 富田 和男
帰り道穂波の中のかくれんぼ 富田 幸代
むらさき麦をはべらせはせをの碑 中山 美千代
宿場人丹精こめて古代麦 中山 明子
歴史街道祝ぎて麦はむらさきに 中山 昭
ほめてゆく人やむらさき麦の風 成瀬 せつ
地を焦がす事なくむらさき麦熟るる 成瀬 ユキエ
揺れてゐるむらさき麦の風甘し 永田 サカノ
熟れ麦や古代紫そのまゝに 西山 幹子
弥次喜多もわらじ止めたか紫の麦 野田 正夫
語り草伝へ紫麦熟るる 野村 範
歴史みちむらさき麦の香もありて 林 義一
俳諧の灯を守りむらさき麦肥す 早川 紫穂
由緒説くむらさき麦や無人駅 本田 保子
宿場町風紫に麦の秋 本多 八重子
むらさきのいろは匂へど麦の秋 松田 タイ
麦は穂にむらさきと云ふ名の愛し 三浦 葵水
むらさきに藤川宿の麦日和 宗形 洋子
むらさき麦むかし廓の浅庇 山本 幸子
蘇るむらさき麦や翁みち 山本 白雲
風立ちぬむらさき麦の仄あかり 矢田 一子
紫の麦守る里へこぼれ鷺 渡辺 尚三
三河の部
熟したるむらさき麦の雀網 高 浜 石川 ひでを
むらさきの麦や紅屋の格子錆ぶ 安 城 金田 義子
むらさき麦鳶は天女の笛を吹く 蒲 郡 神谷 ユリ子
むらさき麦見に久方の雨に会ふ 高 浜 小林 光枝
夕暮れのむらさきの穂が鐘にゆれ 額 田 中根 敏明
紫麦を軒に実らす宿場町 額 田 早川 千浪
芭蕉句に紫麦の風を聴く 西 尾 深見 幸子
翁碑にむらさき麦の風寧し 蒲 郡 渡辺 みつ子
駅降りてむらさき麦に案内さる 安 城 礼子
尾張の部
松並木過ればむらさき麦の里 東 海 稲田 澄子
平成に育ててむらさき麦の街 瀬 戸 加藤 あつ子
賜はりしむらさき麦の一と穂かな 名古屋 近藤 里美
棒鼻に紫麦の雨繊し 名古屋 田辺 満穂
網掛けて紫麦の見本畑 名古屋 武田 治政
俳聖の踏跡確と紫穂の麦 師 勝 早川 陽雪
黒ん坊とならず紫穂を競ふ 半 田 矢浦 正治郎
県外の部
洗いざらしの野良着干しあり高野麦 恵 那 小池 昭
乗るる穂も立つ穂もむらさき麦の秋 御 嵩 横井 英和

Instagram

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 東海道藤川宿 All Rights Reserved.