純情きらり』は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品。とWikipediaに有りますので、もう8年前になるのですね。
岡崎が舞台になったという事でも話題になりましたが、ふと思い出して「NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」応援ブログ」を読み直してみました。

既に忘れていたことも多いのですが、主演の「宮﨑あおい」さんの出世作といっても良いのかもしれませんね。

今年4月にはロケ現場にもなったという茅葺屋敷に行ってきた経験もあり、また最近、映画の方でも話題になっていて、ふと思い出したという所でしょうか。

藤川を舞台にドラマっていうのも非現実的かもしれませんが、地元が舞台になって、そこになじみが有ったとしたら、やはり嬉しいものですよね。
そういう意味で、時代劇として三河は大きな舞台になりやすいのですが、ロケをするには景色が変わりすぎているという感じがします。先日の「鎌倉街道を歩く会」で見られるような古道なら上手に使えるかもしれませんが。

そういえば少し前にBS放送で「kobo trail 2014 空海の道を走れ!!~吉野より南に1日・西に2日、高野へ~」という番組を見ました。
この中で道なき道を歩く・走るという場面が有ったのですが、鎌倉街道やもっと古い道は、同じようなものだったんだろうなと感じました。

NARA弘法大師の道PROJECT

「NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」応援ブログ」

「NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」応援ブログ」(過去ログ)