高札の不思議・続編

それは六枚とも布令された日付が「正徳五年五月」なんです!

これは今年3月6日の記事で書いた言葉です。ずっと不思議に思っていたのですが、今朝、幸いにも総代さんにお会いすることができたので、この事を質問してみました。そうしたら、ご存じだったようで、この時全国の高札場に同じお布令が出されたという事だそうです。

藤川宿本陣跡広場 高札

そこでこの年を少し調べてみたら、正徳2年に6代将軍・徳川家宣が亡くなり、正徳6年には7代将軍・徳川家継が亡くなっているようですので、7代将軍・家継の時代に全国に出されたもののようです。

将軍が代替わりして、何か特別な事情でもあったのか・・・。

ますます不思議が大きくなってしましました。(^_^;)

どうぞ、こちらもご覧くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

古いマッチ箱4