むらさき麦 2015-05-20むらさき麦まつりも終わって少しさみしくなった本陣跡ひろばですが、むらさき麦の刈取りはまだ一月先位になるのでしょうか。

あれから四日ほどしか経っていないのですが、さらに紫色がきれいになってきたように感じます。

 

そこで、この本陣跡ひろばの裏手で栽培されている5種類のむらさき麦も撮影してきました。

露 むらさき麦防鳥ネットがあるので少し見難いですが、

露(つゆ)

という品種です。

 

 

 

妻町糯 むらさき麦これは

妻町糯(つままちもち)

 

 

 

 

徳島糯 むらさき麦こちらは

徳島糯(とくしまもち)

 

 

 

 

紫裸 むらさき麦これは

紫裸(むらさきはだか)

 

 

 

 

大公館 むらさき麦これが

大公館(だいこうかん)

で主に藤川で栽培されている品種です。

こうして比べてみると確かに違いが有るのですね。

 

 

からむし本陣跡ひろばの裏には、この写真のような「からむし」が自生しています。

「からむし」というのは苧という漢字です。

Wikipedia によると
「カラムシ、枲、学名:Boehmeria nivea var. nipononivea)は、イラクサ目イラクサ科の多年生植物。南アジアから日本を含む東アジア地域まで広く分布し、古来から植物繊維をとるために栽培されたた」
とあります。

昔の人たちは、こうした植物繊維で衣類などを作っていたのでしょうね。

どうぞ、こちらもご覧くださいませ